富士学院に対する疑問

医学部予備校として知られている富士学院ですが、どのような特徴があるのでしょうか?
よくある質問などをまとめましたので、確認していきましょう。
(1)富士学院で教えてくれる講師の人たちはどんな人たちなの?どんな採用を経てきているの?

A.人にものを教えるということは大変難しいことであり、とりわけ医学部専門の予備校であれば、授業の内容の難易度はもちろんのこと、受講生の進捗の確認やサポートにも高いスキルが求められます。そのため、講師や職員の採用にあたっては厳しい選抜が課せられています。
講師に関しては、授業の内容に関する筆記試験や、実際に模擬授業を行うことはもちろんですが、講師として受講生に接するのにふさわしいか、面接によってもチェックされます。
講師以外の職員であっても、適性検査や面接が重要視されることは言うまでもありません。
こうした選抜があるからこそ、常に生徒目線で高いクオリティの授業を提供できるといえるのです。
(2)富士学院の寮ってどういうところ?施設などの詳細を知りたい。

A.集中して受験のための学習をできるよう、寮生活を送れるように設備が整えられています。
もちろん男子寮と女子寮がそれぞれ存在し、安心し、集中して学習ができます。
寮といっても快適に過ごせる設備が整っており、各部屋はオートロック、冷暖房完備など、一般的なマンションなどと比べてもそん色はありません。
自分の身の回りの物や着替え、勉強道具さえあれば学習を始めるのに時間入りません。
また、厳しい学習の中で大きな楽しみになるのが毎日の食事です。
寮生活の中で栄養バランスのとれた食事を食べられるよう、栄養士がしっかりと計画したメニューに基づいて、毎日の食事も提供されます。
(3)富士学院ってよさそうだけど、問い合わせしたら勧誘とかしつこいのでは?

A.予備校業界は競争が激しく、受講生確保のために無理やりな営業活動を行っているところも少なくありません。
そうしたところでは、資料請求や体験授業などを行った生徒・保護者に対して執拗に勧誘を行うことがあります。
しかし、富士学院ではそうした執拗な勧誘はありません。
向き不向きもありますし、何より自分の将来を決める予備校選びは、生徒自身がしっかりと保護者の方と考えて決断すべきことだからです。
必要以上の勧誘をしないところが、この予備校がみずからのカリキュラムや教育に自信を持っている証拠だといえるかもしれません。