富士学院 高卒生の方へ

医師を目指す上で、医学部の入学試験は最初の大きなハードルとなります。
しかし、ハードルは非常に高く、競争も激しいことから、中々合格に至ることはできません。
大学医学部への入学は今後もハードルが高い状態であると考えられます。

医学部へ現役合格できる学生も中にはいますが、多くの方は一回での合格が難しく、1年後などに再び受験する方も少なくありません。
一方で医学部自体を諦めたり、他の部へ志願変更するようなケースも見られます。

このように、医学部の合格は難関になっており、受験にあたっては対策が必要と言えるでしょう。
しかし受験対策と言っても、がむしゃらに勉強をしただけでは、合格できる可能性は低いままです。
一人でできることには限界がありますし、受験に本気で取り組まなくてはいけません。
本気で医学部合格を目指す方、1年しっかりと受験対策を行いたい方は、富士学院で学んでみることも検討してみると良いでしょう。

同学院は、大学の医学部受験に特化しているのが特徴の予備校です。
高卒生の多くは、卒業後予備校へ通い、志望の大学合格を目指すことになります。
でも、ほとんどの予備校は一般大学にスポットを当てており、公立・私立大学の医学部受験の対策には十分ではないのです。
医学部の試験では、専用の受験対策が必須となります。

富士学院は、大学医学部にスポットを当て、それに特化した指導を行っています。
全国に複数の校舎を構えており、各校から毎年多くの医学部合格者を出しています。
合格実績は非常に豊富で、合格率の高さも特筆すべき点と言えるでしょう。
このため、医学部を目指している方には最適な予備校と言えます。

このような合格実績の多さは、富士学院が持つ独自のノウハウや指導方法にあります。
今までの中で培ったノウハウを活用し、合格へ向けたサポートを行ってくれるのが魅力です。
各生徒が志望する大学に合わせたカリキュラムにより、医学部合格を目指します。

また、同学院では複数の指導コースを用意しており、希望に合わせた指導を受けられます。
講師がマンツーマンで指導にあたる個人指導もありますので、特定分野を集中して学びたい方にも向いています。

医師になることを諦めず、医学部を何度も受験する方も少なくはありません。
しかし、合格のためには対策が必須のため、一度富士学院で学ぶことも考えてみましょう。
高卒生であったとしてもしっかりと勉強をすることができるので満足できるでしょうね。