富士学院のOB ドクターからのメッセージ

東京や名古屋など、各地で医者志望の学生・浪人生が勉学に励んでいる予備校・富士学院。
多数の医学生を輩出している予備校です。
そして医学生を輩出しているということは、医者を輩出しているということでもあります。
公式サイトには、そんなOBドクターからのメッセージが掲載されています。
在校生にとっても、これから入学をしようとしている人にとってもヒントとなるのではないでしょうか。

あるOBの方は、富士学院が勉強以外の面でもサポートしてくれたことに触れています。
これは恐らくこの予備校は講師だけではなく職員の数も多く、また生徒一人一人の情報共有がスムーズに行われていることが一因となっているのでしょう。
合格をしたい。
そうした本気の思いに応えてくれる予備校です。

当たり前のことではありますが、富士学院に通っている生徒は医学部合格を目標にしている人がほとんどです。
それはライバルということでもありますが、しかしそれは同時に仲間でもあります。
中学・高校では医学部を目標にしている人はそう多くはないと思いますし、また浪人生の場合も孤独感があるのではないでしょうか。
しかしこの学校には多くの仲間がいます。
OBの中にも仲間がいたからがんばれた、一体感があったと語っている方がいます。
この予備校には、思いを共有出来る仲間や講師がいます。
一人での勉強に行き詰まりを感じている人にとって、それは大きな励みになるのではないでしょうか。

富士学院での時間が一番充実していたとまで語っているOBの方もいます。
受験勉強中というのは、多くの人にとって一番苦しい時期でもあります。
それが難関と言われている医学部だと、なおさらそうでしょう。
しかしそんな時期だからこそ、この予備校での時間は一番充実をしていた。
今が苦しくてたまらないという人も、何年後かに笑ってそう振り返れるような人になれるのかもしれません。
そのためにも、今この時を頑張りましょう。

いかがでしょうか。
こうしたOBからのメッセージは、富士学院で日々勉学に励んでいる人にとって大きな励ましとなるのではないでしょうか。
勉強をしたからといって必ずしも医学部に合格し、医者になれるとは限りません。
しかし医者という仕事は、勉強をしない人間がなれるような職業ではありません。
そうした勉強の効率を高めるための環境が、この予備校では整えられています。
合格するための、優れたサポート役を担ってくれることでしょう。