富士学院 現役生の方に向けて

大学の医学部で医学について学び、卒業後は国家試験の合格が必要など、医師を目指すことは決して簡単ではありません。
医師になるためには、基本的にはまず医学部へ合格する必要があります。
しかし、医学部の合格というハードルは非常に高く、競争倍率の高さと合格率の低さが課題となっています。

合格率の低さは、医学部のハードルの高さを物語っています。
現役生の合格率は非常に低いことをご存じでしょうか。
国立・私立いずれを目指すかによって異なるものの、現役生の場合、およそ2~3割程度しか合格者がいないと言われています。
4人に1人ほどしか合格していないことから、ハードルの高さが分かるのではないでしょうか。

しかし、逆に考えると、現役生でも合格の望みはあるということです。
医学部の入学試験は、難関とされているので、しっかりと学ぶことが重要になります。
そのため、独学では限界がありますので、可能なら医学部に特化した予備校に通ってみてはいかがでしょうか。

富士学院は医学部を目指す方向けの予備校で、全国の都市部に校舎があります。
皆さんがお住まいの地域にも、富士学院の校舎があるのではないでしょうか。

同学院の予備校には、日々様々な生徒が通い、医学部に向けての勉強をしています。
中学生や高校生など、多くの現役生が通っているのが特徴です。
予備校と聞くと、高校3年生が通うイメージがあるかもしれませんが、中学から医学部を目指している方も通っています。

特に現役生にとって大きな強みとも言えるのが、富士学院が持っているノウハウでしょうね。
同学院は過去に多くの医学部合格者を輩出しており、合格実績は非常に高くなっています。

なぜ合格実績が多いのかといいますと、やはり医学部に関するノウハウがあるからです。
このノウハウを活用した指導を行っており、独自のカリキュラムによって医学部の合格を目指します。

医学部の現役合格を目指す上で重要なことが、医学部を意識した受験対策と学習が必要な点です。
一般の予備校も現役合格を目指してはいますが、医学部に特化している訳ではありません。
同学院は医学部現役合格を目指しており、このような点が通常の予備校との違いと言えます。

医学部は浪人する方も決して少なくありません。
しかし、実際に医師になるには長い年月を要することから、現役合格を目指すのが最良の道です。
現在医学部を検討中の現役生の方は、富士学院で学んでみてはいかがでしょうか。